初心者が最初に取得する物件は首都圏か地元エリアがおすすめです。

投資地域の選定

インターネットで全国の物件情報を確認できる現代では、投資用物件を全国から探す方法が主流になりました。
投資地域の選定では首都圏と地方都市が人気です。

 

不動産投資の基本的なことですが、東京などの首都圏は低利回りでローリスクの運営が可能です。

 

地方都市は首都圏に比べて利回りが高いですが、空室率が高い傾向があるハイリスク・ハイリターン投資になる傾向が強いです。

 

初心者は首都圏か地元エリアがおすすめ

 

首都圏の風景

 

首都圏の好立地物件は低利回りですが、空室率が低く家賃値下げリスクが低いメリットがあります。
家賃収入によるインカムゲイン(運用益)は大きくないですが、物件の価値が下がらないので一定期間運用してから売ればキャピタルゲイン(売却益)が発生することもありますし、家賃収入からローンの返済を続けることで着実に資産形成できます。
長い時間軸で見た場合の失敗リスクが少ないので、会社員の初心者が最初に取得する物件におすすめです。

 

地方都市の場合はエリアごとで特性と将来性が大きく変わってきます。
たとえば福岡県の一部のエリアでは外国人の入居需要が拡大して、全国の投資家から注目される人気エリアに成長しました。
こうした表面的な事情はネットや近隣の不動産投資会社から得ることができますが、近くに住んでいないと分からない地域ならではの特性もあります。
なかには、外国人需要で賑わっているけど、近隣の日本人から評判が悪く、家賃相場が下落している地域もあります。
地方都市は上手に運用すれば大きなリターンを得られますが、地域性を把握していないことを理由に失敗するリスクがあります。
現在住んでいる地域や、昔住んでいた経験があるなど、地域の事情を知っている場合は地方都市の不動産投資も検討してみてください。
土地柄が全く分からないエリアの物件を最初の投資地域に選ぶのはおすすめできません。

 

地方都市は複数物件を運用する投資家が多い

 

地方の風景

 

地方都市は、ターミナル駅の近隣など一部のエリアを除いて首都圏よりも空室リスクが高いです。
地方都市で成功している投資家は、複数の投資用物件を運用することで、一部で損失が出ても他の物件でカバーしています。
ある程度の自己資金があって、短期から中期的に複数の物件を取得したり、アパート一棟投資をできる場合は地方都市を選定する価値が大きいです。
逆に、長期ローンを組んでマンションの区分所有1部屋だけの投資をしたい場合は、地方都市よりも首都圏を選んだ方が安定した運用を期待できます。

 

地方都市でも長期的に有利なことがある

地方都市は首都圏に比べて賃貸用物件の数が少ないです。
首都圏はライバルの物件情報が豊富なので、部屋の古さや設備の時代遅れ感を理由に家賃を下げないと入居者を見つけられないことがあります。
地方都市は、最新設備へ頻繁にリフォームする賃貸用住宅が少なく、他の選択肢が少ないことを理由に、経年劣化で問題が出ても文句を言わない住人が多いです。
なかには、見た目も設備も古いアパートが家賃を下げずに満室を維持しているケースもあります。
地方都市の方が成功時のメリットが大きいですが、物件選定が悪いことを理由に失敗する事例が多いです。
地方都市への投資はハイリスク・ハイリターンですが、成功する投資家は運任せではなく地方都市の中でも成功する物件をしっかり見極めています。
自信がある方は是非地方都市への投資を検討してみてください。
首都圏なら単身用マンションしか買えない予算でも、地方ならファミリータイプや小さいアパートの中古一棟購入など幅広い選択肢を持てます。

ページの先頭へ戻る